×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トド

ネコ目 クマ下目 アザラシ上科 アシカ科 トド属

トドはアシカの仲間で最も大きな種で、その大きさはセイウチよりわずかに小さいくらい。
オスは体長が3m近くにもなり、上半身が脂肪で大きく発達、タテガミが生じます。
額も突出してくるようです。
メスはこれといった特徴はないものの、明らかにほかのアシカ類よりは大きいので見分けられます。
(本当は骨格等にも差異があるのでしょうけど、僕にはわかりません、すいません)


2014.2 南知多ビーチランド by 南波瑛人

トドは体が大きく、近くで見ると迫力満点。
どことなく顔がクマに似ているのは、アシカの仲間がクマやイタチに近いグループだからです。
怖い印象を受けますが、訓練された個体ではショーを行いこともあります。
目がギョロッとしているので怖いのですが、それも愛嬌…?

他種との見分け

トドを含めて海獣と呼ばれる仲間は、普段あまり馴染みが薄く、
またそれぞれの容姿も似ているので、よくほかの種と間違えられます。
特にトドは、「名は売れているのに姿が間違えられる動物」の代表です。
多分10人中5人くらいは「トド」と聞いて、なぜか「セイウチ」を思い浮かべます。

某のど飴のキャラクターも、名前はトドなのに姿はセイウチです(何)
(↑セイウチに憧れているという設定だそうですが、後付けっぽい…)
…なんのキャラクターかわからない人は検索してね。


(画像は合成) 元画像:2014.2 愛知・南知多ビーチランド by 南波瑛人

さて、そのトドですが、まずそのサイズ!明らかにアシカより大きい。
水族館でよく見かけるカリフォルニアアシカと比較すると、
体長にして約1.5倍、体重にして約3倍もあります。
(最大サイズ同士での比較)

体は茶褐色〜黒っぽく見え、セイウチとは違って牙が外に伸びていきません。
アザラシ類とアシカ類ではヒレの形状が違うので、見分けは容易かと思います。
アシカ類であるトドは、陸上では上半身を持ち上げて、後脚を使って地上を歩くことができます。
こんなのがそばに歩いてきたら、ちょっと怖い…

保護か、駆除か?

世界的に個体数が減っているトド。
その原因は、主に人間の活動にあります。
護岸工事などで上陸できる岸が限られてしまい、
また人間が魚を大量に獲ってしまうので、食べるものが減ってしまいました。
革や肉を目的とした狩猟も数が減った原因の一つです。
これはトド以外の海獣の多くが数を減らしている理由と同じです。

世界的に海獣を保護しようという動きがありますが、漁民にとっては魚資源を奪い合う商売敵でもあり、
単純に保護をすればそれで良い、という問題では無くなってきています。

個人的な意見ですが、きちんと頭数管理し、安定した生息環境があるのであれば、
一定数間引いても問題はないと思われますが、そうでないのなら駆除すべきではないですよね。
魚資源の枯渇が叫ばれる昨今、漁業体系の見直しも必要なのかもしれません。
人間とトド、双方の負担が偏らないような対策が待たれます。

肉!

日本ではトドを駆除して肉として利用することもあります。
ただ駆除するだけでなく、その恵みをちゃんと最後まで利用しようとするのはさすが日本人。
さて、問題の肉なのですが、やはり臭みがあるようです。
じっくりと煮込んでやることで臭いを消すことができ、豚肉に近い味わいになるそうです。
一度食べてみたいものです。

 

ギャラリー


2014.2 愛知・南知多ビーチランド
by 南波瑛人


2014.2 愛知・南知多ビーチランド
by 南波瑛人